放談

【嫌いな言葉】絶対に使わない言葉と使って良かった「心を動かす」言葉【名言】

 

私には、自分では絶対に使わない言葉があります。

 

特に「社畜」という言葉は絶対に使わないだけでなく、使用している人を見ると、”何とも言えない残念さ”が込み上げてきます。

 

そして、逆に使いたいと思う、素晴らしい言葉もあります。実際の経験でも素晴らしい言葉は、人の心を救うことがありました。

 

今日はそんな言葉をいくつか書いていきたいと思います。

 

心に響く言葉

私の過去の経験から、素晴らしいと思った言葉です。

 自分の幸せは、自分自身が決める。

誰でも同じだと思いますが、どうしても他人と比較ばかりしてしまいますよね。人の比較対象は人しか無いですからね。

 

そして、他人を見たことにより、自分の幸せが見えなくなったり、わからなくなったりします。

 

そもそも、自分が幸せに感じられるかどうかは、自分の心が決めるものですから、求めてほしいものは、自分にとっての幸せですよね。

 

他人ではなく、自分の幸せを見ていますか? 自分の幸せは自分が決めるんです

 

 あきらめずイメージするのは、「成功する自分」。そこで幸せは見える。

人は、信じているものが揺らいだり、自身をなくしたり、不安になられたりすると、あきらめてしまいやすいですよね。

 

そんなときも、成功する、うまく行くイメージを失わずにあきらめずに進むことが大切です。

 

そして、成功した瞬間に、振り返るのが過去の自分です。この振り返りはあなたをより幸せの感情に満たしてくれます

 

そのときが来るまで、あきらめずに続けてみましょう

 



 

 人より遅いと感じるのは、周りと比較しているから。

一人一人に、得手不得手もありますし、歩く速度、成長の速さも同じじゃありませんよね。

 

自分が劣っているとか、遅れていると感じるのは、他人と比較するからです。

 

自分と全く同じでない、他人と比較するのはあまり意味がありません。

 

自分に合わせた、自分のペースで進み続けることが一番大切なことなのです。

 

 どんなに不安であっても、信じてなくても、疑っても薬は効く。

人は誰もが同じような問題や、悩みを抱えるときもあります。

 

そんなときは、他の人がどのように問題や悩みを解決してきたかを知ることも役に立つことがあります。

 

他の人が苦難を乗り越えるために使われた「薬」であれば、どんなに不安であっても、疑っても、同じ人である自分にも必ず効果があるはずです。

 

信じなくても良い、騙されたと思ってやってごらん。なんて言葉がありますよね。

 

以上、このような言葉は悩みを抱える人を救うために使っていきたい言葉だと思っています。

 

一方で、嫌いな言葉、絶対に使いたくない言葉もありますので、次で書いていきます。

 

 

 

絶対に使わない言葉

社畜

社とは、神をまつる御殿や建物、神社などを意味します。

 

畜とは、人間に飼われる動物や、牛馬などを飼うことを意味します。

 

会社の社に畜を付けることで、会社の家畜という雰囲気で使用している人が多いのかなと思います。

 

しかし、まず意味が不明ですよね。

 

そして、その会社には自分で就活して入社したはずですよね。いまどきどこかの会社に無理やり働きに行かせられるなんてことは無いでしょうから。

 

自分で入社しておき、辞める自由があるにもかかわらず、留まっておきながら自分は会社の家畜ですって言っているように聞こえるわけでして。

 

このような人は、コミュニケーション能力があるだけで、仕事はそれほどで、賢くもないと思われてしまいがちだと思っています。

 

また、皮肉や面白おかしくとか、冗談で言っている人もいると思いますが、このような言葉を選択し、他人に発言している時点でセンスが残念ですし、同類感は否めません。

 

ですので、他人が使用しているのを見れば苦笑いはしますが、私自身は絶対に使用することはしありません。

 




 勝ち組、負け組

この言葉って、自分に対して使っても、他人に対して使っても良い言葉にならないですよね。

 

勝ち組という言葉を使えば根拠のない嫌みになるし、負け組という言葉を使えば、言葉にしづらい扱いにくさしかないです。

 

例えば、自分に使う場合として、

 

『俺、駅前に新築一軒家建てたし勝ち組だよね』『私、医者と結婚して勝ち組だ~』などと言えば、確かに一瞬凄いなと感じますが、もっとすごい人は山のようにいるわけで、そんな人の前では、何に勝ってるの?ってなりかねません。

 

また、他人と自分を比較しない人は、『へぇー』とぐらいにしか思わないかもしれません。

 

結局、勝ち組と使う場面は、自己の基準による、誰にも共有、認識できない自己の中での勝敗で、自分が勝ったと思っている、単なる自己満足のそれ以上、それ以下でもないものじゃないでしょうか。

 

それが透けて見えてしまうので、興覚めしてしまいますよね。

 

そして、『俺、リストラされた。貯金もないし負け組だわ』などと、負け組を使用してくる人にかける言葉は、気を遣うし変なこと言えませんよね。

 

聞いたほうは、それ私に言ったところでどうしたいの?同情や優しい言葉しかかけられないよね。となって、結局、自己の傷をいやしてもらう為の自己満足と感じてしまいます。

 

このように、結局、「勝ち組」、「負け組」ってほとんどの場面で自己を満足させるために使われている言葉だと感じてしまいますね。

 

だから、私は使わない。ですね。

 

 ずるい

たまに見かけますね。『あなただけずるい』とか。

 

「ずるい」の意味は、人を騙したり、不正な方法で、自分だけが得をするようにすること。悪がしこい。

 

こんな事をわざわざ言葉にして言っても仕方ないですよね。基本的に人って自分の利益のために生きていて、行動しているんですから。

 

人の生き方という、そのものを否定してみたところで何?としか思えないし、言った本人も自分の為に生きていますよねって思ってしまいます。

 

結局自分が得しなかった、利益を得られなかったという心情を暴露しその感情を理不尽にぶつけていることにしかならないので、

 

「ずるい」と思うこともないですし、使うこともないですね。

 

 自分へのご褒美。自分磨き。自分探し。

このような、自分への言葉って、思うことは自由だと思いますけど、わざわざ使う場面って無いと思うので、使うことはないです。

 

このようなことってわざわざ他人に言わなくても良いことではないと思うので、言う場面として考えられるのは、自己の承認欲求の為か、自己満足を満たすときぐらいでしょうか。

 

褒めてもらいたいのか、ワタシを見て見てなのか。

 

そういう発言や言動が自分の頑張る力になるのなら、特に否定はしないですけども、あまり自分で外に向けて言うようなことでは無いのかなと思いますね。

 

以上、今回は、絶対に使わない言葉と、使って良かった「心を動かす」言葉についてでした~。

 

 

 

ABOUT ME
ウィッフィー
店舗経営、WEBディレクター、人事、法務などの経験がある現役サラリーマン。フリーな日々を夢見てブログを書きつづける日々。今を生きる愛知県出身、かに座、O型。