「クリスマス」と聞いてイメージするものって何ですか? あの「CM」とか「由来」ですよね?

スポンサーリンク

 

 

こんにちは。

 

皆さんは、「クリスマス」と聞いて何が思い浮かびますか?何を思い出しますか?

 

きっと楽しかったことや、悲しいことなどたくさんの物語がありますよね。

 

そこで今回は、日本の「クリスマス」の由来と、「クリスマス」と聞くと必ず思い出してしまうあのCMについて書いていきます。

 

それでは~。

 

素晴らしいクリスマスソングについてはこちらで書いています~↓↓↓

★【冬&クリスマスソング】おすすめの名曲ランキング【シーン別】★

【冬&クリスマスソング】おすすめの名曲ランキング【シーン別】

 

 

日本のクリスマスの由来

日本で最初にクリスマスを祝うイベントが行われたとされる記録が残っているのは、

 

室町末期から戦国時代かけての1550年ごろ、現在の山口県で行われたイエズス会のミサであるとされています。

 

その後、戦国の世から徳川家康の江戸時代に入るころには、キリスト教は禁止されていきますので、見られなくなっていきます。

 

また、江戸時代には鎖国も始まり、日本ではクリスマスに関するイベントは見られない時代が続きます。

 

そして、江戸幕府が大政奉還し、明治時代に入ってくると、再び西洋の文化が日本国内で徐々に浸透していき、教会でも徐々にミサなどが開催されるようになっていきます。

 

1900年ごろには「明治屋」という小売業者が、東京銀座にて、いわゆる「クリスマス商戦」を仕掛け、それ以降国民の間でも広く浸透していくこととなりますね。

 

日本でイベントが流行するパターンとしてよく見られる、商売戦略としてどこかの企業(いつもの広告代理店が絡む)が商戦として仕掛ける手法は、この明治の時代のころから変わっていないみたいですね。

 

昭和に入り、大正天皇崩御の日である、12月25日が祝日となったことで「クリスマス」はより多くの国民に知られるところとなり、これをきっかけに「クリスマス」を祝う文化も大きく発展していったとされます。

 

しかし、終戦後には祝日が改正され、12月25日は祝日ではなくなってしまいます。

 

ただ、すでに国民的なイベントになっていた「クリスマス(イブ)」は、明るい話題の少なかった戦後では、楽しいイベントとして普及しづつけていきました。

 

そして昭和の終わりごろから平成前半にかけて、「クリスマス(イブ)」は、バブル景気も手伝って、若者にも、家族にも人気で特別なイベントとしてピークを迎えることとなります。

 

 

 

「クリスマス」で思い出すのは、あの「CM」と「思い出」

人それぞれ、個々の「クリスマス」の思い出は、いくつも、たくさんあると思います。

 

私もそうですが、山下達郎の『クリスマス・イブ』がTVや街中で耳に入ってくると、過去のクリスマスシーンが蘇ってきますよね。

 

そして、同時に強烈に思い出すものがあります。

 

それが、あのJR東海の「クリスマス・エクスプレス」の「CM」です。

 

子供のときは、CMの意味を理解できていませんでしたが、大人になって改めて見てみると、なんか当時の「クリスマス」って良かったのかなと感じますね。

 

そんな「クリスマス・エクスプレス」の概要を以下で書いてみます。実際見ると胸がキュンとするかもですよ!

 

 

スポンサーリンク

 

JR東海の「クリスマス・エクスプレス」の「CM」

このCMは「クリスマス・イブ」は「恋人同士でクリスマスを過ごす」という、新たな文化を創ったとされています。

 

まさか、これがクリスマス・イブは恋人同士で過ごす日というきっかけになっているなんてすごいですよね! 確かに社会現象にまでなりましたよね。

 

当時は携帯もなく、もちろんスマホもない時代ですが、逆に『つながれる』大切さを実感できた時代でもあったかもしれませんね。

 

「クリスマス・イブ」には、日ごろ会えない、話せないあの人に会える。会うために仕事終わりの新幹線に乗って、あの人の待つ場所に向かう。

 

いいですよね!

 

「クリスマス・エキスプレス」はそんなイメージです。

 

なお、YouTubeには動画がUPされていますが、公式動画はありませんのでページ内には設置していません。

 

ただ、CMという性質上、多くの人に見てもらうことが目的ではありますよね。

 

 

1988年

キャッチフレーズ:「帰ってくるあなたが最高のプレゼント」

主な出演者:深津絵里

 

1989年

キャッチフレーズ:「ジングルベルを鳴らすのは帰ってくるあなたです」

主な出演者:牧瀬里穂

 

 

 

 

1990年

キャッチフレーズ:「どうしてもあなたに会いたい夜があります」

主な出演者:RINA

 

1991年

キャッチフレーズ:「あなたが会いたい人も、きっとあなたに会いたい」

主な出演者:溝渕美保

 

1992年

1992年

キャッチフレーズ:「会えなかった時間を今夜取り戻したいのです」

主な出演者:吉本多香美(声吹替え:富田靖子)・山下達郎

 

2000年

キャッチフレーズ:「何世紀になっても会おうね」

主な出演者:星野真里・深津絵里・牧瀬里穂

 

キャッチフレーズが胸に響きますね。

 

最後の作品が公開された2000年には、携帯電話の普及率は50%を超えていますので、会えなくてもいつでもコミュニケーションがとれるような時代へと変わりつつある頃でしょうか。

 

「クリスマス・イブ」を大切な人、恋人と過ごす時間という文化を創ってくれた「クリスマス・エキスプレス」。

 

そして、「クリスマス・イブ」の、きっと淡くも切ない思い出。

 

いつになっても「クリスマス」と聞いて、思い出すのは、「クリスマス・エキスプレス」の「CM」と、それにイメージされる過去の思い出とは、なんとも美しいものですよね。

 

そして、それは普段は思い出すことのない、特別な日のきっと一生の大切な宝物ではないでしょうか。

 

そんなことを思いますね。