フリートーク(放談)

【お言葉遊び都知事】無能で失政を省みずいつまで言葉遊びを続けてるの?

それにしてもコロナ禍で国も都も無能が露見し失政続きで、この国民に歩み寄らない無能オールスターズはいつまで地位にしがみつくんでしょうか。

 

まぁ政治家というものは厚かましく、自分に力があると勘違いしないと目指さないような職業ですし、現状は仕方のない部分があるのかもしれません。

 

しかし、昔から日本という国は武士の国で、自らの責任を、自らの手で取り、終わらせることも文化としてあったはずで、一刻も早く、国と都の無能なトップを含めた無能な政治家は自分に引導を渡すことを切に実行して欲しいと心から願う今日この頃です。

 

特に都知事の言葉遊びには不快感も限界に達してきており、今日は直近の言葉遊び、

「8時に帰ろう。帰らない父親は外国では離婚される。」

という発言について少し考えてみたいと思います。

 

直近の言葉遊び

お言葉遊び都知事の発言として、最近見たニュースです。

「諸海外では夜8時には帰ろうって言ったら、その前に家でご飯を食べない、帰ってこないお父さんは離婚とか、それくらいのことなので。これって凄く日本的だと、日本の働き方の象徴ではないかと個人的には思っている」

とりあえずひとこと言わしてもらうなら、本当にこの都知事の頭は空っぽですね。

 

適当にキリが良い数字を示し、7割テレワーク推進などと何のエビデンスもはっきりさせないまま始めた言葉遊びが、結局実社会との剥離がはなはだしいためテレワークが進まない現状にこんな言葉が降ってきたようです。

 

そして今回の言葉遊び、、、

「8時は帰る」などの”かえる”シリーズ

はまたしてもわざわざ税金で作ったフリップで紹介したとか。

 

本当に遊んでるだけの政治家が東京都の知事、それも2期目って、私も都民ですので深く反省しなければいけないところだと痛感しています。

 

とはいえ、ここまで無能だと思っていた人も多くはないと思いますし、結局1週間やそこらで選挙となってしまう、現代の選挙制度の制度にも問題があるのだと感じるワンシーンでした。

 

言葉遊びだけの指導者の言うことを聞くわけがない

お言葉遊び都知事の言いたいことは、

テレワークを推進して欲しいと言っているのにもかかわらず7割の実施率に遠く、国民や会社にはなんとかお願いをきいてもらい、実行してほしい。

ということなんだと思います。本当に身勝手なお願いですよね。

 

しかし、そもそも何の実績もなく言葉遊びしている指導者の言うことを大人や社会が聞くわけがありません。

言い換えると、何もしない人、何もできない人というのは一般的な判断では未熟な人で、それは子供でもあります。

 

その子供が大人に対して、7割テレワーク推進して~とお願いしたところで、

お前は社会のことを知らないし、知識も考えも未熟なのだから、お前の言う通りにはできないよね、となるわけで、その後どれだけ子供が癇癪おこしても誰も同調しません。

 

ですから、言葉遊びをしているだけの都知事の言うことを、社会の大人が現実的だと思うことはほとんどありえませんし、そもそもこの人の発言について、社会のことを知らない人、人間的に未熟な子供と同じと感じているわけですから、この人から発信されることが実現する可能性もまず0になるというのは当然の結果と言えます。

 

実績ゼロ、責任もゼロのお言葉遊び知事は、ダメな日本の政治家の象徴

この人が言う、

「8時に帰らないのは日本の働き方の象徴」というのも本当に全くよくわからない発言です。具体的に何が象徴なんでしょう。

 

例えば労働基準法では、1日当たりの労働時間について8時間という原則的なものがありますが、勤務時間帯については特に指定等はありません。(夜10時以降など割り増しなどはありますが・・)

ですから、例えば12時~21時という働き方も全く問題ないですし、公務員と違い、株式会社などは利益追求のために存在しているので、経済活動上、21時まで働くという選択をすることは当然ありますし、これについて無知な人、責任を取らない人が何か言えることもないはずです。

 

しかし「8時に帰る」とか、それは日本の働き方の象徴とか、未熟な知見で出てしまうこの人の発言については、都庁の職員(広報)はもっともっと注意するべきなんだと思います。

 

そして、失政を放置し続け、できる能力がないのでひたすら言葉遊びに興じるこの人には早々に昔の日本の文化の象徴である「自分の責任は自分で取る」行動を心から要望します。

現代の日本の政治家の伝統は、自らの責任を他人や秘書に押し付け、自分だけは逃げ切るという厚かましく、ずうずうしく君臨するというものなのだと思いますが、

自分たちに都合の良い文化やその象徴にはどっぷりつかりながら、前述のような発言をできるのは、自分のことも、周りのことも全く見えていない、自覚していない証明にもなっており、一刻も早く辞任されること(=自身の責任に気づくこと)を強くおすすめする次第です。

関連記事