丸ノ内線 方南町駅に行ってきた!~2番線改装工事中~

スポンサーリンク

 

 

鉄道の駅が改装されているところって

普段の生活の中ではあまりみないですよね。

なかなか機会がないといいますか。

 

しかし、

2020年東京オリンピックの影響なのか

近年改修された駅、される駅が

いくつかありますよね。

 

今日はそんな駅の1つ現在改装中の

東京メトロ丸の内線の方南町駅(杉並区)

の様子を見に行ってきました。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

丸ノ内線 方南町駅

1962年に開業。

都内では数少ない他の地下鉄などと

接続がない単独の終着駅なんですね。

 

確かに駅を降りるとバス停は近くにありますが

駅は見当たらないですね。

最寄りの駅は方南町駅の1つ前の

中野富士見町駅のようです。

 

手前の駅が最寄りの駅という東京では

なんとも珍しいパターンのようですね。

 

元々、駅への出入り口は2つで移動は階段のみ

であったようですが、

2017年12月に3つ目の出入り口が

新規に設置され、

 

念願だったエレベーターとエスカレーターも

設置されたようですね。

 

それまでは手押し車やベビーカーなどは

階段を使って移動しいたわけですから、

本当に大変だったと思いますね。

 

なお、3番出入り口ができる以前には、

ある方が戦隊ヒーローのコスプレをして

「ベビーカーおろすんジャー」と名乗り、

ベビーカーや重い荷物を階段で運ぶ

ボランティア活動をされていたようです。

メディアにも何度か取り上げられたようですね。

 

おそらく地元の方だと思いますが

住民の方の人間性が溢れているように感じますね。

方南町駅 乗降ホーム延長工事中

 

乗降ホームまでの移動については

3番出入り口が完成したことによって、

それまで抱えていたさまざまな

問題は解消されました。

 

そして現在は乗降ホームの延長工事を

行っている最中です。

 

この乗降ホーム延長工事の理由なのですが、

実は現在方南町駅に乗り入れている

丸ノ内線車両は3両編成のみです。

 

これは中野坂上駅から方南町駅までの

区間は分岐線(方南町支線とも呼ばれています)

であって本線ではないため

専用に用意された3両編成の車両が

走っているということなのですね。

 

ただ、現状でも中野富士見駅までは

6両編成の車両が乗り入れることができます。

 

唯一乗り入れできないのが

方南町駅だけであったので、

6両編成の車両の乗り入れも可能にするため

この工事が行われているのですね。

 

今後の予定ですが、2018年5月から

2番線側半分の乗降ホーム延長工事が行われ、

9月から1番線側半分の乗降ホーム延長工事

となっているみたいですね。

 

そして2019年1月に工事が完了し

6両編成の丸ノ内線車両が乗り入れするのですね。

 

駅前通りの店も多く生活しやすそうで〇

街も落ち着いた感じで良いところでした。

 

方南町で有名なお化け屋敷オバケン

への最寄り駅でもありますね。

 

数分歩くと島忠の本店があって

(数分歩くと中野区です)

ドリンク飲んだあと、

犬さんネコさんを見て癒されました。

 

工事に進捗があったらまた見に行ってきますね。