言葉の使い方合ってます!?「奇特」の正しい意味言えますか?

スポンサーリンク

 

今日は少し肌寒いくらいですね。

そろそろキンモクセイの季節ですかね。

キンモクセイは大好きなウィッフィーです。

 

普段なにげなく使っている言葉って

ときどきわからなくならないですか?

 

わからないというのは、

その言葉が持っているそもそもの意味と、

現在使われている意味が本当は違うんです、

っていうやつですね。

 

”よみ”なんかも本来はこう読みます。

とありながらも、

現代でこう読まれていることもあります。

 

ってあったり。

 

では、どっちで読めばいいの?

って思いますよね。

 

例えば、本当によくありがちなものですが、

何人かと会話しているときに

誰かが「言質」(げんしつ)って

言うじゃないですか、

 

そうすると、

こっちは(言質(げんち)のことかな)と

思うと同時に、なぜか言質って言葉を

気を遣って避けるように話したり。

 

実際調べてみるとある辞書なんかには、

「げんち」のほかに「げんしつ」

と読むこともある。元々は誤読だったが、

慣用読みで「げんしつ」と使われることもある。

 

いったい、どっちなんだいっ~!

ってなったりしますよね。

 

話が少しそれてしまいましたが、

今回は普段使っている言葉の中から

本来の意味とは違う意味で

用いられているようなものを

いくつか書いていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ホントのとこ!言葉の意味!

 

慣用句の誤用とか、意味で調べると

たくさんでてきますね。

 

今回ここで書いていく際は、

もともとの本来の意味を

正しいものとしていきますね。

 

現代では慣用的に使用されているうちに

本来とは意味が異なってきているものが

正しいとされる場合もありますが、

 

使用する場面や相手によっては

失礼にあたることもあり得ると思いますので、

常に本来の意味で使用していきたいですよね。

 

それでは~

 

 

 

「役不足」(やくぶそく)

誤用といえばまずこれですね。

 

正)その人に対して与えられた役目が能力に比べて軽すぎること。

誤)役目に対し自分の能力が足りないの意味で使用すること

 

「今回はこのような大役を仰せつかり

私では役不足ですが精一杯

勤めさせていただきます。」

 

とか言ってしまったら、

任せた人は激怒しちゃいますよね。

 

これはそのまま文面通り役が不足していると

受け取れば正解なので難しくはないですね。

 

 

「確信犯」(かくしんはん)

誤用と言えばこれもそうですね。

 

正)政治的、思想的、宗教的等の信念に基づき正しいと信じて行われる(犯罪)行為

誤)悪いことであると理解しながらなされる(犯罪)行為

 

いわゆる政治犯とか宗教犯ですかね。

 

本来の意味のほうは、

正しい(良い)と信じて行っていることに対し

 

誤っている意味のほうは、

正しくない(悪い)とわかってやっている。

 

ということですから、

正誤では真逆の意志に基づく行為になっていて

非常に興味深いですね。

 

 

 

「姑息」(こそく)

正)一時的の間に合わせのため物事をすること

誤)主に「卑怯な」といった意味

 

時代劇やドラマなどで

「姑息な手段を」とか聞きますよね。

 

その場しのぎのことをするという意味でも

卑怯なという意味でも、どちらの意味で

みていてもそれほど違和感がないので、

誤用の場面があっても、実際あまり

気にならないものかもしれないですね。

 

と思ったのですが、

 

姑息なやつっていう使い方は

ちょっと意味が通じなくなったりしますね。

 

 

「破天荒」)(はてんこう)

 

正)「誰も成し得なかったことを初めて行うこと」という意味

誤)豪快で、大胆な様子

 

破天荒な人、なんて聞くことありますよね。

 

字を見ると荒れた天を破るですか。

でも、豪快で大胆という意味ではないのですね。

 

誰も成し得ない初めてのことって

前人未到とも言えますか。

 

天を破って上に行けば確かに前人未到ですね。

 

破天荒芸人っていうのもいると思いますが、

破天荒の意味を知っているのか気になりますね。

何をやってくれるのか楽しみにしておきます。

なんといっても前人未到ですからね。

 

 

 

「奇特」(きとく)

 

正)特別に優れて他と違って行いなどが感心なこと

誤)異質または奇妙で珍しいこと

 

こ、これは有益な情報ですね!

 

変わった人ですね。とか奇特な人ですね。

って言われることも結構ありますけど、

 

言ってるみなさん、

本当に意味をわかって言ってらっしゃいますか?

と声を大にして言いたいですね。

 

変わった人だねーって言うつもりで

特別で感心しますーって言ってるわけですから。

 

これからは、

もし「奇特な人ですね」と言われたら、

「奇特な人」は素直に喜びましょうね。

ほめ言葉なんですっ!!

 

私も言われたらそう思うようにします。

 

 

御の字(おんのじ)

 

正)大変ありがたい,とても満足であるということ

誤)一応、とりあえず納得できる

 

上司やおじさんが言っているイメージでしょうか。

〇〇できたら御の字だよ、とか。

 

最低ラインという意味で使っていると思いますが

実は、実は、最高ラインなのですね。

 

非常に満足で大変ありがとうという意味ですので

感謝の上級ワードですよね。

 

とても苦労して何かと世話してくれた人に、

深い感謝の意味を込めて、

「御の字です」と使えるわけですね。
(私は100%言わないですけど)

 

本当にどうやったらこのように

意味が変わってしまうのでしょうね。

 

まるで言葉も生きているみたいですよね。

 

人間も名前は変わらないけど、

人本体は成長していきますよね

 

言葉も表示は変わらないけど、

伝わる意味が変わっていく。

 

世の中には不変なものなんてないですよね。

 

まぁ、これに気がつけただけでも

今回は御の字でしたね。

 

では、では~。