放談

「無能な人が出世する」は半分正しい。「管理職に能力のない人が多い」は正しい。その理由を書いてみる

 

私は過去に人事の経験があります。今回の話は実際に会社で人事のときに見てきたり、感じてきたことや経験もとにして、

 

「無能な人が出世する」理由と、「管理職に能力のない人が多い」のはなぜなのかということについて書いていこうと思います。

 

なぜ無能な人が出世するのか

世の中ではよく聞きますよね、無能な人ほど出世する。

 

これは正しいのですが、あと半分は別の能力が必要です。

 

ズバリ言ってしまえば、そのあとの半分はイエスマン素質です。

 

コミュニケーション能力だと思った人もいたかもしれませんが、それは違います。

 

現代の日本社会では、例えコミュニケ-ション能力が高くても、自分の意見をズカズカ述べるような人やはっきりものを言う人は遠ざけられます。

 

イエスマン素質こそ唯一です。

 

能力のない人にイエスマン素質が組み合わされば、どんな会社にいても良く思われる存在になれます。

 

そもそも能力がなく、イエスマン素質な人は、同僚や自分の上司にとって使いやすく(ここに能力は関係していない)、メイン担当で仕事受けたり、責任ある仕事を単独で任されることが基本的にほぼありません

 

常に、誰かに引っ張られて仕事やプロジェクトに参加することが多いので、成功すれば功労者の1人に入り、失敗しても重い責任を負うことがないのです。

 

外部からこれを見れば、プロジェクトの成功にはかかわるが、大きな失敗は無いと見えるわけで、今の日本はこんな評価が平然と行われているところも多いと思っています。

 

ですから、能力のない、イエスマン素質な人は評価されやすく、結果、出世しやすくなります。会社内という小さな村組織での出世には障害はなくなるわけですね。

 

また、己の欲、出世のためにあえてこういうことをやっている人間もいます。そういう人は「腰ぎんちゃく」と呼んでましたが。

 

その会社にもまさに「腰ぎんちゃく」と言える人がたくさんいました。

 

一番強烈だったのは、会社に来てから、帰るまでほぼ2人セットで過ごしているマネージャーと部下がいたことですね。そして面談も、昼ごはんも、帰りの飲みも接待も全部一緒(笑)。

 

さすがに気持ち悪かったです。

 

そして、能力のない人が失敗も成功もないまま、なんとなく評価されていき、順調にマネージャーになって自分の部下を評価するとしましょう。

 

当然その能力のない人は、自分のような姿勢の人しか評価しませんから、その部署では無能が無能を呼び、能力のない者だけがただひたすら残っていきます。

 

そのうえ、無能なマネージャーは本当に有能な部下ほど話が合わなので、遠ざけて昇進させず、やはり能力のないイエスマンが出世していくことになっていきますね。

 

皆さんの周りにもないですか? クセの強い同じような傾向の人しか残っていかない気味の悪い部署が。

 

こうして能力のない人が管理職になっていき、自分に似たような能力のない人を評価していきますので、多くの日本の会社では、能力のない人ほど、順調に出世していくことになっています。

 

そして結果として、上に行けば行くほど、相対的に能力のない人が存在している構図になりますよね。

 

次で、この上に行けば行くほど能力のない人が多い理由を詳しく書きたいと思います。

 



 

管理職や部長に能力のない人が多い理由

ここまで読んでいただければ理由の一つはお分かりだと思います。

 

管理職や部長に能力のない人が多い理由の一つは、能力のない人が出世し、能力のない人を出世させることが続き、いわゆる中間管理職の前後に集まってしまうからです。

 

能力のない人が無条件で出世できる限界としては部長程度が多いでしょうから、そこから上にも行けず、このあたりから係長クラスまでは能力のない人がずらっとエスカレーター式のように、順番待ちしている状態です。

 

彼らはそこで、長い時間過ごすことになりますし、実質そこが終点です。

 

そんな人、皆さんの周りでもいますよね。

 

そして、もう一つの大きな理由は、本人の能力の限界を完全に超えて何もできない状態になるのがこのあたりだからです。

 

何をしたら、何を考えたら良いかがはっきりわからない状態でもあるといえます。

 

5人~10人程度のチームであれば能力がない人でも、まぁ何とかなっていくものです。

 

しかし、これが30人とか50人の組織となると、きちんと管理をしていかないとまとまらないですよね。

 

能力のない人は元々自身では何か創ったり、成功させたりという経験がないので、当然自分の力では管理もできません。

 

そうなると、いよいよ部下に丸投げを始めたり、何でもかんでもハンコを押すだけの人になっていきます。

 

そして、一番厄介な事をするようになります。そう、成果の横取りと責任の押し付けですね。

 

自分ができないことを上手に隠したつもりで、バレバレの作り話などで部下に丸投げにし、

 

うまくいけば自分の成果に、失敗すれば、いち早く上の連中を丸め込み(同類だから理解が早い)、部下の責任にする「必殺技」を使い始める。

 

今までは、人の成果のおこぼれに預かりながら出世し、出世後は他人の功績は俺のもの、失敗の責任はそいつのせい。

 

どこにてもいますよね? こういう管理職。

 

また、一方で能力があって出世していった人も、実は管理職や部長クラスでとどまる理由もこれと似ているんです。

 

例えば、能力を認められて係長になって、また能力を認められて課長になる。しかし課長で止まってしまう。

 

この人は係長で結果を出せて、課長で結果を出せないわけですから、係長レベルの能力ということになりますよね。

 

しかし、周りを見てください。

 

このような人はそのような理由で係長に降格しますか?

 

しないですよね。日本の会社のほとんどがこのような状況ではないでしょうか。

 

ということは、本来係長の能力しかないのに、課長をやっているということになります。本来の能力を超えた役職についているということです。

 

これは、先ほどの能力がない人と同じパターンですよね。

 

ということは、

 

結局能力のある人もない人のどちらも、自身の能力の限界を超えた役職について、そこで上にも下にも行けず歩留まりしている。

 

そして、その役職を遂行するだけの能力がない人が、管理職や部長に就いたままの状態で漫然と放置されている。という事実。

 

まさにこれが、能力のない人が管理職や部長に多い理由です。

 

何でも良いのですが、常識で考えれば何かに挑戦させて、結果を出せずにいたらそのポジションにとどまることってほとんどないと思うんですよね。

 

挑戦させてダメだったら、そのステージはとどまることはなく、元に戻るじゃないですか。

 

でも、日本の会社の多くは、挑戦させて結果が出なくても元に戻すということをしない。

 

こんな、誰が考えても当たり前なことを、多くの管理職は疑うことなく放置している現状からも、やっぱり能力のない人が管理職や部長をやっているとわかりますよね。

 

日本の社会では、年功序列の崩壊とか、実力主義とか言われて久しいですが、結局仕切る側が変わらないと効率悪すぎるというところも私の思うところです。