駅や電車内で喧嘩(けんか)やトラブル、その時、絶対にやめてほしいこと

スポンサーリンク

 

先日会社帰りで乗車していた丸ノ内線車内で、突然男同士が殴り合いの喧嘩を始めました。

 

結局その喧嘩を止めたのは、私だったのですが、体験した当事者として、このようなときに絶対にやめてほしいと感じた行為があったので書きたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電車で喧嘩が発生

まずは、この時の喧嘩についてです。

 

私の降りる駅の1つ手前の駅でそれは起きました。

 

電車が駅に到着し乗客が下りていきます。そのとき突然、「お前、ふざけんなよー!」という声が聞こえてきたのでそちらを振り返りました。

 

私からは10メートルぐらい離れていたのではっきり見えませんでしたが、30代ぐらいの男性が座席に座っている50代ぐらいの男性に殴りかかっているようでした。

 

喧嘩の原因は、接触によるトラブルだったと思われます。

 

電車はほぼ満員状態で、走行の際に荷物や体が触れたり接触して我慢の限界を超えたようでした。

 

このようなことは決して珍しいことではないと思いますが、本当に満員電車は良いことが1つもありませんね。

 

自身の避難優先は正しい

喧嘩が始まると、本当にクモの子を散らすように周辺がさっと空きます。

 

声をかけたり、なだめる人は誰一人なく喧嘩している2人の周りには誰もいなくなるので遠くからでも何が起こっているのかよく見えました。

 

賛否あると思いますが、私はこういう場合自身の身の安全確保が第一だと思うので、まず避難することは正しいと思います。

 

私も自分の近くで起こっていたら、まず避難していると思います。

 

もし相手がナイフなどを出してきて、巻き込まれたら後悔してもしきれませんからね。

 

事件化すると電車が止まる

あっという間に周りの人がいなくなったので、10メートルぐらい離れてた場所にいた私にも何が起こっているのか見えるようになります。

 

30代ぐらいの男性が、座席に座っている50代ぐらいの男性に向かって、なにかを叫びながら殴っています。

 

座っているほうの男性は、一方的に殴られている感じで、足や手を使って防戦している様子でした。

 

私は結構遠くにいたので、そのうち終わるか、誰かが止めに入るだろうと思って10秒もないぐらいでしょうか、そんなことを考えてスマホに目を落としていました。

 

そして、突然、「やめてください!」という女性の叫び声が聞こえてきます。

 

その絶叫に驚いて、瞬間的にパッと顔を上げましたが、その声の主はわかりませんでした。車内で避難している集団の中の誰かのようです。

 

それに続いて、男性の声で、「やめろー!」と今度は小さな声で聞こえてきました。

 

やはり、声の主は避難した集団の中の誰かであると思いますが、違う方を見ながら言っているのか、見ていても誰が言ったかわかりません。

 

すでに殴りつけている男性は興奮状態で、その声が社内に響くとさらに興奮した様子で大声で何かを叫びながら殴りが加速します。

 

私はこの女性の叫びと男性のヤジるような発言を聞いたところで、これはとてもまずいと感じました。

 

このままみんなが興奮し、当事者もさらに興奮し収束のきっかけが見えなくなると、事件化し警察が来たりして電車が止まってしまう、と思ったからです。

 

その瞬間、喧嘩をしている2人の方に向けて速足で歩き出していました。

 

そして、殴っている男性の右上腕付近にポンポンと手をかけて、「まぁまぁ」「落ち着いてください」と声を掛けたのです。

 

殴っていた男性は私をジロッと睨むと、殴っている手を止め、その座っている男性に向かって、「ふざんじゃねーぞ」と言い2秒ぐらい睨んだ後、そのまま電車を降りていきました。

 

正直私は、殴られたり、巻き込まれることも覚悟して仲裁に入りましたが、何事もなく終わったのでほっとし、元居た場所まで戻りました。

 

実はこの車両は1両目で、元の場所まで戻ろうとして歩いている途中にふと運転席の方を見たら、カーテン越しから少し開けてのぞき込んでいる電車の運転士と目が合いました。

 

私は、「そうだよね~」「もう少しで電車が止まって危なかった」「わかるわかるっ」と心で言いながら少し笑っていました。

 

笑った理由は、丸ノ内線はワンマン運転なので、職員は運転士だけです。ですので、駅職員に応援を依頼したり、運転士がトラブルに巻き込まれてしまっては、

 

電車が長時間止まることが確実になるのと、もし怪我でもすれば運休など

 

のリスクがあったからです。

 

そういう意味で私は助かったと思い、また運転士の表情からもおそらく同じことを思ったのかなと感じて笑ったのです。

 

この間、私以外に行動に出る人はいませんでした。そして、喧嘩が収まっても何事もなかったかのように、いえむしろ不満そうな表情でスマホなどに目を落としたままの人ばかり目に入ってきたのがとても印象的でした。

 

絶対にやめてほしいこと

今回はたまたま何事もなく収束しましたが、当事者だからこそ感じた、このような駅や電車内での喧嘩やトラブルのときに絶対にやめてほしい行為があります。

 

・大声を出す、叫ぶこと

トラブルが起こった瞬間に一瞬悲鳴のような声が上がるのは仕方ないと思います。

 

やめてほしいのは、トラブルの当事者に対し、遠くから誰が言ったかわからないように「やめろー」とか「迷惑です」とか大声で言ったり、叫んだりすることです。

 

これは何の抑止や解決にも繋がらないです。100%繋がらない。

 

そればかりか、興奮しているトラブル当事者を刺激し、仲裁している人が危険に巻き込まれる可能性が増えるので、無責任な叫びなどは絶対やめてほしいと思います。

 

遠くから見ているだけで何もしないなら、本当に何もしないべきです。

 

実際今回も、女性の叫び声でさらに殴っている人が興奮し、大声で何かを叫びながらなおも殴り始めたことが、私が止めに入るきっかけになっています。

 

・写メや動画を取り始めること

一言です。それ何に使うの?って聞きたいです。あと、動画を撮られていることが見つかったら余計逆上しかねないですよ。今回もカシャって言う音が何回か聞こえましたが何がしたいのか全く理解できません。

 

・ヤジを飛ばすこと

仲裁しているときに、誰が言ったかわからないぐらい遠くから「やめろやめろー」と言うのはやめてください。これも抑止や解決には全く繋がらないです。リスクしかありません。

 

こういうことをする人の存在に関して元々興味はなかったのですが、実際体験をしてしまったので本当にやめてほしいなと思いますね。

 

生き方が難しい今の時代

私自身は、街でトラブルにあっても基本的にはかかわらないタイプの人間なので、今回でも周りの人が無関心であるということはある意味正しいと考えています。

 

良かれと思って、財布を拾ったらドロボウと言われたり、泣いている子供に声を掛けたら不審者扱いされたり、

 

今回の喧嘩の仲裁でも、もし相手がナイフを持っていたりしたらどうなっていたかわかりません。何かあってもかかわった人が負けなだけです。

 

このように現代ではかかわらないことが唯一の正解のように思えることも少なくない気がします。

 

しかし、悲しいかな人というものは、無関心が正解だと思いつつも、考えたり、感情のある生き物ですから、何かを助けたり、人のためになることはやるべきと思ったり。

 

現代では、これをどこまでやれば正解といえるのか、その判断が本当に難しい世の中になったなと感じますね。

 

帰り道では、ひょっとして逆恨みされていあるんじゃないかと、後ろを何回も振り返って誰か後をつけてきていないかを確認したりして(笑)

 

でも、たまには人の役立つことをするというのも気持ちが良いものですね。

 

それではー。