落ちている財布どうします? ATMに置かれたお金どうします? さわらない方がいい理由。どんな罪になるの?

スポンサーリンク

 

落ちている財布や何らかの落し物って

普段の生活の中でもまれに見ますよね。

 

私が見つけたときは、

近くに店員や関係者がいるようでしたら

触らずに落ちていることを告げますし、

 

近くに誰もいなければ、

冷淡なようですが触らず無視します。

 

ATMでも財布やお金が忘れられて

置かれていることってありますよね。

 

この場合はやっぱり触らずに、

インターフォンから連絡しますね。

 

ポイントは

「触らないこと。触れないこと。」

 

これはひとことで言えば、

絶対にトラブルに巻き込まれたくないという

大きな理由があったりしますね。

 

ちなみに、ATMで忘れられているお金などを

持ち帰るとまず間違いなく警察に逮捕されます。

言わなくても皆さん知っていますよね。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

落ちている財布を拾うと届け出る義務が発生する

落ちている財布の場合には

遺失物法という法律が根拠になりますね。

 

見つけたときもし拾ってしまった場合、

実質すぐに警察に届け出るか

その持ち主に返すしか

選択肢がなくなってしまいます。

 

届け出が義務になるのですね。

 

また、トラブルに巻き込まれる可能性も

考える必要があります。

 

現代では拾った財布を正直に届け出ても、

少しでも不合理な点

(例えば拾ってから届け出に数時間かかるとか)

などがあると、

警察から本当は盗んだのではないかと疑われたり、

 

無事本人に返されても、

後日入っていた金額と違うなどの

 

まるで漫画の世界のような

言いがかりレベルのトラブルも

実際にありますので

十分注意したほうが良いでしょうね。

 

もしこれが、

一般的な落ちている財布ではなく、

置き忘れた財布だったりしたら

窃盗罪も絡んできたり。

 

このようなことが起きたら厄介ですので

冷淡なようですが、

 

もし落ちている財布を見つけても

どこかの施設であれば

施設の関係者に報告するだけにし、

 

またそうでないなら、

すぐに警察に届けられる場合を除き

やはり無視したほうが良いかなと思いますね。

 

厄介ごとに巻き込まれたくないのであれば、

基本的には触らないことを

お勧めすることが

最善となってしまうのですね。

 

スポンサーリンク

拾った財布は届け出なければ犯罪です

やっぱりほっとけないと、

正義感などから拾ってしまった場合、

なるべく早く必ず警察に届け出ましょう。

 

上でも書きましたが、

すぐに届け出ないと面倒なことに

巻き込まれる可能性が高まっていきます。

 

もし実際届け出なかった場合、

いわるゆ横領(または窃盗)の

犯罪になってしまいますので

絶対にやめたほうが良いでしょうね。

 

万が一、拾って届け出るつもりだったが

数日間忙しくて届け出に行けず、

逆に警察の捜査により

先に連絡が来てしまった場合などは

目も当てられませんよね。

 

現代は、街のあらゆるところに

防犯カメラが設置してあります。

 

数か月後の早朝に

突然警察が家のピンポン鳴らして

そのまま連れて行かれるんです。

 

たった数万円で逮捕される。

そんなことが現実に起こってしまうのですね。

 

拾った財布のお金を一部でも使用すると犯罪です

例えば、拾った財布の中に

10万円の現金が入っていたので、

ちょっとした出来心で

1万円使ってしまった場合はどうでしょうか。

 

これも犯罪になってしまうのですね。

1000円だったとしても、

回数券だったとしても。

 

持ち主が財布をなくしてかわいそうだと

の正義感から落ちていた財布を拾い

 

中を見たら大量の現金があったので

ちょっとした出来心で少し使ってしまって

犯罪者になってしまうなんて

 

本当に悲しすぎますよね。

 

このように落ちている財布を拾った場合には

届け出ることでお礼がもらえたりなどの

善意への感謝はある一方で、

 

一つでも誤るとデメリットが多いのも

事実であると思いますね。

 

この先

落ちている財布を見つけたときには

少しでも参考にしていただければ

幸いですね。