お釣りが多かった。すぐに返却したほうがいい理由。どんな罪になるの?

スポンサーリンク

 

買い物したときに店員が間違って

お釣りを多く渡してきた場合、

気づきながらも黙ってもらってしまったら

どうなるのでしょうか。

 

昨今のスーパーやコンビニは、

レジでお金をセットすると自動で会計され

お釣りが出てくるところも増えてきていますが、

まだまだそうでないものを使用している

ところは多いと思います。

 

計算だけレジが行い

お金のやり取りは手動で店員が行いますから、

やはりお釣りを間違ってしまうことは

ときどきありますよね。人間ですから。

 

今日はそんなお話です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

その場で気づいたら返さないと詐欺です

店員からお釣りを受け取った際に

その場で多いことに気づいた場合、

返却しないと詐欺行為になってしまいます。

 

ただ、詐欺の成立にはその行為を行った者が

欺いて利得を得ようとした意志の存在が

必要でこれを証明しなければなりません。

 

一般的にこの意志を持っていたと証明することは

なかなか難しいものですから、

実生活では逮捕されるケースは

多くはないものと思います。

 

逮捕されるケースとしては、

例えばお釣りに

1万円札や5千円札が複数が含まれている場合や、

 

店員が目の前でお釣りを数えながら何円ですと

確認をしっかりした上で渡されたケースなどでしょうか。

 

日本の最高額紙幣は1万円ですので、

お釣りで1万円札をもらったり、

5千円を2枚以上もらうケースは

あり得ないということですよね。

 

あり得ない状況がありながら

何も言わないということは、

知っていたにもかかわらず

あえて黙認していたと

推定されるのだろうと考えられますね。

 

あとはSNSなどで、

お釣り多かったけどもらっちゃったラッキー!

などと投稿して犯罪自慢でもした日には

お店が被害届け出をすれば

警察が動く可能性は高くなると思いますね。

 

警察に逮捕までされるケースは多くないとはいえ

犯罪行為ではありますから、

どのように考えるのかは、

個々人の良心の範疇といったところでしょうかね。

 

後で気付き返却しなかった場合はいわゆる横領です

このケースもありえますよね。

お釣りをもらってそのまま財布にしまい

家に帰って確認したら

お金が多いことに気づいたとか。

 

またはレジでお釣りをもらっていないと

勘違いをし、再度お釣りをもらって帰ってきたが

それが勘違いだった場合に返却しなかった

などのケースも同様でしょうね。

 

では、確認しなければ良いじゃないか

という話も出そうそうですが、

そうとも言い切れず、

 

例えばお店が防犯カメラの映像などを証拠として

被害届け出をする可能性も当然ありますので

その映像等を元に警察が犯罪の可能性があると

見れば捜査をすることも

考えられなくはないでしょうね。

 

やはり気づいた時点で正直に申し出て

返却することが良いと思いますね。

 

たかがお釣りの間違いといっても

対応を間違えてトラブルに巻き込まれる

可能性は十分潜んでるんですね。