建物の写真をSNSで使って大丈夫!? やさしく解説します! ついでに読んでおきたい【著作権】 

スポンサーリンク

 

私はブログに載せる画像については

基本的に自分で撮影しているのですが

これがなかなか大変です。

 

例えば、ネットで拾った画像を使えば

ものすごく楽になりますがご存知の通り

これは著作権侵害になる可能性大なので

違法行為になり得ますからやりません。

 

また、

無料の素材サイトなどのフリー素材を使っても

良いのですが、

サイト運営者の一存で突然使用禁止になったり、

サイト閉鎖に伴って使用禁止などのリスクが

十分想定できるので、これも使用しません。

 

ですので、自分で写真を撮るのですが、

撮った写真の中に写ってはいけないものが

写ることがあります。

 

例えば、

やっぱりこれでしょうか。

 

恐怖の〇〇写真(お〇けが写るやつです)は、

恐怖で腰が抜けてしまいますよね。

ただ想像しただけなので、

幸い一度も映ったことはないですが。(ないのかいっ!)

 

あとは、

肖像権の関係で、『人物およびそれに類するもの』

著作権の関係で、『著作物っぽいもの』

でしょうか。

 

あれ!?って思いました?

 

そうなんです。

今回のタイトルにある『建造物』

は入っていませんよね。

 

実は著作権に関し

『建造物』についてはあまり気にしていません。

 

なぜか?

その理由をこれから解説していきたいと思います。

 

★【著作権】についてはこちらで書いてます~★

ブログ初心者がついでに読んでおきたい、「著作権」のことやさしく解説します! ~著作権とは? 著作権の侵害可能性のある行為例~

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

建築(建造物)の著作物とは

 

根拠は著作権法第10条の第1項の第5号です。

 

(著作物の例示)

第10条
この法律にいう著作物を例示すると、おおむね次のとおりである。
一 小説、脚本、論文、講演その他の言語の著作物
二 音楽の著作物
三 舞踊又は無言劇の著作物
四 絵画、版画、彫刻その他の美術の著作物
五 建築の著作物
六 地図又は学術的な性質を有する図面、図表、模型その他の図形の著作物
七 映画の著作物
八 写真の著作物
九 プログラムの著作物

 

ここでいう『建築の著作物』とは、

 

現に存在する建造物またはその設計図に表現される観念的な建物の中で、歴史的建築物に代表されるような建築芸術(美術性のある建造物)であると評価できるもの

 

といえば良いでしょうか。

う~ん。文字だけだとやっぱり難しいですよね。

 

簡単に言うと、

建造物や建物の設計図は著作物になり得るけど、

その観念的なものに美術性や芸術性が必要

という感じですかね。

 

まぁ建造物や設計図について何でもかんでもが

著作物にはならないということです。

 

ですので、

一般的などこででも見かけるような

住宅やビルや橋梁などは

著作物ではないということなります。

 

一方で、『建築の著作物』と認められるものは

お城や神社や独創的芸術性があるデザインのビル

などの一部に限られると思います。

 

あくまで、独創的であり芸術性が認められる

建造物のみが著作物となり得ますので、

むしろ『建築の著作物』というものは

圧倒的に少ないのが現状ですね。

 

ですので、

例えば、気に入った住宅を見つけてきて

それを真似て自分の住宅を建てたとしても

著作権法上の問題となることは

おそらくないと考えられます。

(あくまで一般的なデザインのものです)

 

ただ、トラブル(根拠のないクレーム)などは

起こる可能性があるので

全くおすすめはできませんけどね。

 

 

 

写真に写った建造物と著作権法上の考え方

 

上記で『建築の著作物』を見てきましたので、

何となくお気づきの方もいるかもしれませんが、

 

基本的には、

建造物が写った写真をSNSやブログなどで使用しても、著作権法上で問題となることはありません。

 

ですので、

自分の撮った写真に建造物が写っていても

そのまま使用して問題ありません。

 

本当なのかぁ~?危なくないの?

って思う方もいると思うので少し解説します。

 

①著作物とならない建造物が写真に写っている場合

これは特に問題ないですよね。

 

②著作物となる建造物が写真に写っている場合

文化庁のHP「著作物が自由に使える場合」の以下引用です。

公開の美術の著作物等の利用

(第46条)  屋外に設置された美術の著作物又は建築の著作物は,方法を問わず利用できる(若干の例外あり(注6))。

 

(注6)公開の美術の著作物等の利用の例外
(1)彫刻を彫刻として増製し,又はそれを公衆に譲渡すること。
(2)建築の著作物を建築として複製し,又はそれを公衆に譲渡すること。
(3)屋外に恒常的に設置するために複製すること。
(4)もっぱら販売目的で美術の著作物を複製し,又はそれを販売すること。

引用元:文化庁HP 著作物が自由に使える場合 より

著作物が自由に使える場合 | 文化庁
政策について

 

”方法を問わず利用できる” と書いてあり

例外事項にもあてはまっていません。

 

ですので、写真で撮ってSNSなどでの利用も

問題ないということになりますよね。

 

ちなみに、国会議事堂も著作物と考えられますが

このように記事にしています~。

 

★国会議事堂アクセス方法★

「国会議事堂(正門)」の行き方!(画像案内付き)【アクセス情報】

 

 

 

その他の注意事項

 

これまでで、おもに著作権法との関係から

写真に写った建造物について書いてきましたので、

 

ここでは、それ以外の注意点について

書いていきますね。

 

写真を撮る際に気を付けたいこととしては、

 

・撮影禁止の場所での撮影

・立ち入り禁止場所に入り込んでの撮影

 

でしょうか。

禁止行為は行わないほうが無難です。

 

また、

その建造物の管理者や著作権者が見て嫌だと

思うであろう使い方もやめた方が良いでしょうね。

 

これらは著作権法には直接関係ないものですが、

トラブルを起こさないという面からみて

必ず気を付けておきたいことです。

 

まとめ

 

今回は以上となります。

 

おさらいですが、

建造物が写っている写真は一部の利用方法を除き、自由に使用できます。

 

ただし、禁止行為には十分注意しましょうね。

 

それでは~。