甘くない不倫の代償。とてつもない結末が待っています。

スポンサーリンク

 

 

不倫している人とか、

身近にもいたりしませんか。

 

不倫そのものは、

不法行為に当たると思いますが

警察に逮捕される犯罪ではないので、

小説やテレビドラマでもおなじみで

不倫のストーリーなどありがちですよね。

 

いけないものとわかっていながらも

溺れてしまう人間という生き物の複雑さがあり、

背徳感に浸り、逆に燃え上がるような。

 

そんな身近な不倫ですが、

最後にはとてつもない代償を支払うことに

なることをご存知でしょうか。

今回はそんなお話です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

不倫の代償は高額慰謝料と日常生活や家庭の崩壊

あくまで一般的な話としてさせていただきます。

例えば一番よくあるケースだと想定しますが、

不倫している2人のうち

どちらからが既婚者だった場合、

どうなるんでしょうか。

 

今回はわかりやすいように、

不倫している者(既婚者Aと独身D)

としておきましょうか。

AとDは職場の上司と部下の関係です。

 

◆慰謝料の請求
まず既婚者Aの配偶者Bに不倫がバレたとします。

Bは興信所を使って不倫の事実を証拠として収集し

Aにその事実をたたきつけ今後を話し合います。

 

当然、Dのことも把握しているので

ある日Bの代理人弁護士から内容証明郵便で

慰謝料請求の通知が届くのですね。

 

この際、内容証明郵便を無視したとしても、

争いが法廷に持ち込まれるだけなので

当事者であったなら

誠意をもって話し合いましょう。

 

慰謝料は不倫期間や

それまでの経緯などを元に試算されます。

ある程度の相場感が決まっているので

興味のある方はググってください。

最低でも数百万~にはなりますね。

 

◆日常生活と家庭の崩壊
既婚者が不倫していた場合、

その配偶者からは離婚されることが

多いと思います。

 

その際に慰謝料を支払うことと、

子供がいる場合、

親権にも不利に働くことがあります。

 

また勤めている会社に

知られることも少なくありません。

 

社内不倫については、

会社は業務時間内に不倫が行われていたなどの

理由がある場合には

会社から何らかのペナルティを

課すなどの動きはあるかしれませんが、

 

基本的にはプライベートに関する内容ですので

会社によって対応に大きな差があったりします。

 

私の会社では、

会社の社会的信用を貶めかねない行為だとして

退職勧奨→自主退職

ということはあったと思います。

 

このように多くの会社では、

異動や降格、または退職勧奨、

会社に与える影響度によっては懲戒解雇

など懲戒処分となることが多いと思います。

 

今まで築いてきた社会的地位や信用が

一瞬で壊滅してしまうのですね。

 

 

その後は人生と人間の崩壊

一切を片付けて通常の生活に戻った後は

どうなのでしょうか。

 

仕事は探せば別の何かがあるとは思いますが、

同じ家庭はもう二度と戻ってこないですよね。

 

心は崩壊していませんか。

これきっかけにうつ病になる人も少なくないです。

 

でも他人は同情してくれません。

親や兄妹であっても助けてくれないかもしれません。

 

こうなってから自分の間違った行為を

どれだけ悔やんでも終わりはないのですね。

 

不倫は最後には誰も幸せにならないことも

少なくないと思います。

 

私がみたものも、

結局、誰が幸せになったのかわからないものでした。

1人も幸せとは言えない状況でしたね。

 

不倫をしてしまうのか踏みとどまれるのか。

一人一人のモラルや良心に

委ねられています。

 

愛しているはずの笑顔を思いだして。
間違わないように強い心をもって

 

生きていきたいものですね。

 

 

SNSで浮気発見