フリートーク(放談)

騙されていませんか? NHKの不当な受信契約締結の実態に注意!

 

昨日のニュースにて、

『NHKの契約訴訟にて、NHKが契約時の不手際を認め、和解金を支払うことで合意した』

というものがあり、早速興味がわいたので確認してみましたので、

 

今回は、このNHKの受信契約締結時の不手際の内容について確認していきたいと思います。

 

なお、本ブログではNHKについての記事をいくつか書いており、

 

NHKとの契約義務と契約締結は別の話であることについては

【NHK】受信契約の義務と契約締結は別! 受信契約締結と支払いの話 最近のニュースで、ワンセグ携帯もNHK受信料の支払い対象であることが確定したとやっていましたね。 NHKが...

 

NHKが受信料を請求できるようになるのは契約締結をした場合のみということについては

【NHK】受信料を支払わない方法は契約締結をしないこと 契約の義務と契約締結は別の話 今回の統一地方選挙は『NHKから国民を守る党』が東京23区中19の区で議席を確保し、大躍進というニュースが印象に残りまし...

 

にてそれぞれ詳しく迫っています。

 

NHKが不当な行為をしてでも契約締結をする理由

おさらいの内容になりますが、NHKがときには多少強引にでも受信契約を締結させようとする理由は何でしょうか?

 

それは、受信契約を締結しないと、受信料の請求ができないからです。

 

放送法では、NHKの放送を受信できる設備(TVかワンセグ)を設置した場合には、NHKと受信契約を締結する義務があるという定めがあります。

 

しかしこの中で、受信料を支払う義務があるとは書かれていませんので、NHKとしてはとにかく受信契約を締結していかなければ受信料の請求ができないということになっているわけです。

 

NHKが陳謝し、和解金を支払うことに合意した今回の内容

今回は裁判になってニュースになりましたが、NHKが強引、傲慢に受信契約の締結を無理やりさせようとすることは、多くの人から聞いたことがありますし、何回か見たこともあります。

 

そして今回の内容も、強引で、傲慢な受信契約締結行為が発端になっています。

 

その内容としては、

『NHKのスタッフが自宅を訪れ、応対した妻は受信できない衛星契約結ばされた。その際に、双方で契約種別(内容)などの確認もなく、契約書の控え(写し)も渡されることもなかった』

というものです。

 

女性だからなめてかかったのかもしれませんが、契約締結時に契約内容の説明、確認もせず、契約書の控えも渡さないという傲慢さには、毎度ながらNHKの傲慢経営の体質が強くあらわされていると感じます。

 

契約時に契約内容の説明や確認をしないとか、契約書の控え(証明する書面)を渡さないとか、悪徳違法業者のやることですよね。

 

そのうえ裁判まで起こさないと、そもそも見れないのによくわからないまま受信契約締結をさせた人に対し、返金もしない対応ってどれだけ悪質な企業なんでしょうか。

 

本当にこのように、権利の上にふんぞり返った傲慢体質はいつまで続くのでしょうか。

 

騙されていませんか? 受信契約内容のチェックを!

ということで、NHKは放送法の

『NHKを受信できる設備を設置した場合は、受信契約の締結が義務となる』

ことを背景に、多少強引でも無理やり契約締結を迫ることが多いわけです。

 

そしてこのような相手方が良く理解していなくても、わかっていなくてもお構いなしです。

 

ですので皆さんも一度、受信契約の内容を受信契約書で再度確認されてみるのが良いと思います。

 

また、お年寄りの1人暮らしであったり、健常者のように正常な判断ができないような方に対しても、何の説明もせず義務だからと契約を迫るケースもないとは言えませんので、

 

そのようなことが起こりうるような場合には、きちんと受信契約の内容を受信契約書で確認してあげるのも良いと思います。

 

今回同様、よくわからないとか、見ることができないのに衛星契約まで締結させられていたなんてことがあっても全然不思議じゃないですからね。

 

NHKには今後このような被害者がなくような対応を徹底していただくことと、また騙される人がいなくなることを願っております。

関連記事