元「人事」のこぼれ話

【人事経験】「人事を辞める理由」 採用面接は落とすことが仕事 

 

 

もう何年も前になりますが、

私は人事に数年間在籍していたことがあります。

 

会社規模のわりには人事関連の部署がなく、

人事部の創設をきっかけに部署異動となりました。

 

それまでも、店長やSVを経験していたので

採用に関しては経験がありましたし、

法律的な知識もあったので就業規則などの

対応もやらせるため異動になったのだと思います。

 

実際に

新卒の説明会、中途採用、評価制度作り、

教育制度作り、規則作りなどの

業務をしていましたが、

 

日が経つごと人事について

いろいろな考えを持つようになり、

結局数年後には人事を去りました。

 

ここでは、その理由の1つを

綴っていきたいと思います。

 

人事のイメージは無能で人材の墓場!?

人事部でも人事でもどちらでもいいのですが、

個人的な視点から書いていくので、

人事 としておきますね。

 

一般的な人事のイメージって人それぞれで

多種にわたるのではないでしょうか。

 

上場企業か非上場や大企業か中小企業などに

よっても実務範囲は変わるでしょうし

一概には言えないものだと思いますが、

 

間違いなく1つ断言できるのは、

「良いイメージはない」ではないでしょうか。

 

特に内部の従業員からしたら規則を作ったり、

評価制度作ったり、査定に絡んだり。

 

大企業では、リストラ候補や肩たたき役

なんかもやったりしますよね。

 

考えれば考えるほどイメージは良くない。

これに尽きると思いますね。

 

実際、私の会社でも少なくても人事は

好かれることはなかったと思いますね。

評価制度を作ろうってときなどは、

本当に嫌な顔されましたし。

 

どこもそんなものなんだと思いますね。

 

適性検査LP

 

人事の実務

私がやっていたことは上記にも少し書きましたが

以下のようなことをやっていました。

 

・新卒採用

リクナビやマイナビ登録やブログ。開催会場での説明会対応。エントリーから採用までの対応。試験問題作成。採用部署折衝など。

 

・中途採用

求人媒体対応。面接対応。採用部署折衝など。

 

・評価制度作り

ツールの評価、導入など。

 

・教育制度作り(セミナー、研修評価)

採用者用教育マニュアルなど整備。セミナーや研修に参加しレビュー作成など。

 

・規則作り

就業規則整備。各規則整備など。

 

・相談対応(メンタルヘルス・各種ハラスメント)

そのままですね。

 

その他改善案等の作成ですかね。

会社の社会保険費用の軽減案とか。

いわゆる人件費の抑制に関することですね。

 

人事部が創設され社内でも暗黙の了解と言うのか、

結果を求められていたため、

ひとときは、このようなことに

全力で対応していましたね。

よくいる人事担当者であったと思います。

 

しかし、気づかないうちに日々少しずつ、

業務そのものに違和感というか、

真理に近づくというか、

ある考えにたどり着くことになっていきました。

 




 

人事を去ろうと思った理由

当時は、仕事はやりがいがあると

盲目的に信じていましたね。

しかし、ある日の面接で

その考えを変える出来事が起こりました。

 

そのときの中途採用は応募者15人ぐらいで

採用予定者は1名でした。

 

実は5人目ぐらいの面接で条件的に

合致する応募者がいて

採用者はその人だとすでに考えていたため、

 

残りの面接は

ほぼ流れ作業的なものとなりそうでした。

 

当然もっと条件に合致する人がいれば

変わる可能性はありますが、

今回はそんなことは起きそうにないぐらい

合致した応募者でした。

 

そして、そのあとの若い女性との面接が

私の面接への考え方を変えることになります。

 

詳細は書けませんが、話を聞いていくと

 

・いくつもの仕事についたがどれも長続きしなかった。

・そのうち親も病気になってしまった

・病気の親のために収入の良い仕事についた

・自分も病気で体を壊してしまった

 

というような、厳しい生活を歩まれてきたようで、

面接中にも感情があふれ出て

その場でも泣き出していました。

 

少し落ち着いてきたところで、

 

最近は病気から回復し、

昔から名前を知っていて業種も好きだった

この会社に応募してきたと

話をしてくれました。

 

きっと似たようなエピソードは世の中には

たくさんあるのかもしれませんが・・・

 

しかし、上記でも書いていますが、

私の中ではすでに採用者は決まっていて、

人事にある程度の採用裁量があるとはいえ、

部署の要求条件に一番合致する人を

採用することが業務です。

 

ですので、

なにかに引っかかるような感覚でしたが

そのときも心情を察したり感情その他の理由が

影響することはありませんでした。

 

ただ、その面接が終わった後

私は大いに考えることになりました。

 

そして、1つの真理に気づくことになります。

 

それは、

 

採用面接とは、

採用するための面接ではなくて、落とす(不採用にするための)面接である

 

そしてこれ以降、採用面接とは

 

いかに多くの人を、なるべく傷つけずに不採用にしていくか

 

という生産性のない作業が主行動であると

考える(実際もそうであった)にいたり

 

次第に自分のやれることはないかな

という気持ちが心にとどまることとなりました。

 

採用に関しては、

会社の大きさや職種、求人内容によって

応募者の数は変わりますが、

 

やはり言えることは

 

求人の多くは採用人数は少なく、多数の応募者は不採用になる

 

という現実があり、

 

それはすなわち、

多くの応募者を不採用にする面接(作業)

と言えてしまう。

 

それが自分の仕事かといわれれば、

違うかなと強く感じるところとなり、

 

これが、

人事を去ることにした理由の1つ

となったのです。

 

就職活動や面接がうまくいかないときもあるかもしれません。そういうときは、これを思い出してほしいですね。

 

企業は自分では気づいていないですが、応募者のほとんどを不採用にするために募集しています。

 

不採用になって当たり前だし、採用された人のすべてが優れているわけでもありません。

 

たまたま、そのマネージャーであり人事が求めるに条件に合わなかっただけですから。

 

人が人をたった数時間で見極めようとするのですから最初から無理があります。その人のことを本当にわかるわけありませんよね。

 

今回はこのあたりで~。

 

 

関連記事